メモを撃ち抜きたい

五十(過ぎ)の手習いで始めたサバゲーについて

サバゲー #20 ASOBIBA 秋葉原 4戦目

サバゲー分を補充に来た

 

裏庭で10m先の的当てをしてサバゲー分を補充している話は前回の記事(メモ内)に書いた。

 

syamon108.hatenablog.jp

 

補充しているとは言え、その量は染み出る石清水の雫より少なくサバゲー分が枯渇するのを幾分長らえる程度である。

 

 

諸事情により今年度はアウトドアフィールドで一日ガッツリとサバゲー分を補充するのが難しい状況にある。

 

 

という事で、ちょっと足が遠のいていたASOBIBA秋葉原の「男性優待」定例会に参戦した。

 

 

仕事を早上がりしたのだが、この日は予約者が少なく到着時に客は私一人だった。

 

ここから1時間半に及ぶスタッフさんとの1on1殲滅戦の開始である。

 

表5戦裏5戦を3セットという「部活かっ!」というガン回し。

 

 

1on1である為最初から裏の取り合いだろうと想定して動き回った結果、スタッフ相手にほぼ互角の戦いができた、と言いたいところであるが、3割くらいは跳弾やスタッフさんのシチュエーションヒットであろうと思われる。

 

相手がシチュエーションヒットコールを行っていると思うと、知らずにこちらもシチュエーションヒットを取るようになる。

 

これが実際に違和感即ヒットコールと結びつき、自身の中で「アレ?」と思う事は一度も無かった。

 

サバゲーをする上でまずは己が違和感に対して過敏にヒットコールをするくらいが、そのゲームがクリーンなモノとなっていくのであるのだと今更ながらに実感した。

 

 

 

 

動く標的

 

その後常連と思われる二人が到着しスタッフ交えた2on2殲滅戦となった。

 

こちらも表5戦裏5戦を3セットくらいやったのだが、常連さんやスタッフの動き(移動)が思った以上に無かった。

 

裏を取るよりは薄く構えての撃ち合いメインのような印象だったが、それもそのはず、常連さん曰く「正面で撃ち合いたい」と。

 

その常連さんに言わせると私の動きは

「アウトドアフィールドCQBの動き」

という事だった。

 

思い当たる節がある。

 

バリケードを挟んで相対した時にカッティングパイではなく身体を開いたような状態でオラオラとバリケを回り込んでしまう為、やたら被弾していた。

 

ここら辺は本当に悪い癖という自覚があり要反省だ。

 

 

その後店長を交えた3on3の10カウント戦(先に11カウントした方が負け)をやったのだが、私以外はちょっと動いて潜伏(待ち伏せ)というスタイルなので、移動しまくる私は目の前に出てくる動く的状態だった。

 

初戦、チームは負けたのだが11カウント中9カウントは私だったような気がする。

 

相手が2人→3人になるだけで動ける幅が想像以上に狭くなったのだ。

 

射線、味方の位置、相手の居場所と次に動くであろう位置、等々に注意しながら動く必要があり、難易度が何倍にも上がった。

 

なるほど待ち伏せ気味になる訳だ。

 

この時は待ち伏せではなく動いて裏を取る心持だったので動き続けた。

 

10on10ぐらいだったら膠着しやすいのも判るがそれでも動いていたい自分がいる。

 

動く事が功を奏したのか、というと前述の「被弾しやすい動きと構え」という事もありそれ程の結果ではなかったが。

 

それでも裏を取る楽しさを十分堪能できた。

 

この日に気付いた事をアウトドアフィールドで生かせるよう、今後ブラッシュアップしていきたい。

 

 

 

 

レンタルの功罪

 

今回は全てレンタルとしてみた。

 

お馴染み「男性優待」の日の為レンタルフルセットが1000円で借りられる&フィールド代500円引きで、合計4500円で遊べる。

 

ちなみに持ち込んだのは0.2gBB弾の小ボトルのみ。

 

というのもソーコムmk23のマガジンの1本がガス漏れを起こして廃棄してしまい、う予備マガジン1本ではゲームが大変心許ない為「どうせならレンタルの電ハンを使ってみようと」と相成った。

 

電ハンは東京マルイの「グロック18c」をリポ化したものだった。

 

シューティングレンジで練習し「ちゃんと狙えば当たる」ようになったが、実際にゲームが始まるとちゃんと狙って撃てたのは半分以下だった…

 

弾道見て修正しつつ2発目3発目、というのが多い。

 

改めてドットサイトとか凄いなぁと素直に感心した。

(アイアンサイトで素早く当ててくる人を尊敬)

 

フルレンタルは物凄く便利だけど、使い慣れていない銃ではヒットを取るのがなかなか難しい。

 

弘法は筆を選ばないそうだが、五十路のオッサンサバゲーマーは筆頼りなのだ。

 

 

 

 

 

■今日のメモ

  • 足音は気を付けるべき。
    これはアウトドアフィールドでも同様だろう。

  • バリケード間はバタバタした移動ではなく、気配を殺すような動きが良さそう。
    ついでに間を外す事を意識してみた。

  • 移動先を悟らせない為壁沿い移動を印象付けた後に中央突破をしてみたりした。
    というネタバレをセーフティでしたら、その次から動きに対応され移動先を読まれたw

  • レンタルフルセット、メッチャ楽
    ヒットが取り辛くとも「もうずっとコレで良いや」と思える程だ。

  • レンタル迷彩服のサイズは「M」で丁度良い。
    (普段の服はXL)

  • レンタルのグローブはちょっと小さくてチープなのでグローブは持参しようかと思ったが、グローブの洗濯でこっそりサバゲーがバレてしまいそう。
    よって今後もグローブはレンタルを使うようにする。

  • 平日夜の定例会だと参加者が集まらない事があると判った。
    かと言って予約人数を見ながら日にちを決められるほど日程を自由にできない為、今後も少人数覚悟で予約する事。

 

薄く構えているつもりが銃口がバリケから出ており良いマトになっている証拠写真

 

装備について考える #19 ハンドガン 5丁目(東京マルイ ソーコムmk23(エアコキ))

何で買ったし

 

サバゲーマーの嗜みとしてエアコキハンドガンは一丁持っておくべし」

という事で先日東京マルイM92Fを購入した。

 

syamon108.hatenablog.jp

 

それから1カ月もしないのに

 

 

 

 

 

サバゲーでエアコキは使わないじゃん!

 

何で2丁目を買ってんの?

 

バカなの?

 

 

 

 

いやいや違うんだと。

 

M92Fが思いの外小さかったんだと。

 

手が大きい私にはホールドが上手くできずにブレやすいんだと。

 

 

 

 

という自問自答(違う)はさておき、固定スライドガスガンのソーコムを使っている身としては、先日のM92Fはちょっと小さい感じがしていた。

 

で、「どうせなら大きい銃も買ってみよう」と、とある日の深夜に思いついてしまったのだ。

 

 

 

えぇ酒は飲んでました。

 

 

 

そこから数日経っても思いは消えず買ってしまったと。

 

 

うん、しようがない。

 

これはしようがない。

 

 

 

 

■今日のメモ

  • ソーコムmk23は持ちやすくエイムしやすい。
    買って正解かもしれん。

  • スライド引くときの「シャッコン」って音がショットガン見たいで良い。

  • エアコキハンドガンはスライドを引く手より銃を固定している手の方が疲れる。

  • 銃の持ち方握り方で着弾に若干の差が出ている。
    要試行錯誤。

  • 1回20発程度とは言え裏庭での10mチャレンジはサバゲー分を補ってくれる。
    癒しと言っても過言ではない。

  • プロキャッチターゲットのフレームがあちこち割れたり欠けたりしてきた。
    もうちょっとしたら買い替えか。

  • エアコキのM92Fはフリマにでも出そう…。
    短い付き合いだったがありがとう>M92F

 

サバゲー #19 つくばサバゲーランド 12戦目

まさかの2週連続

 

先週はRAID2のイベントに参戦した。

 

syamon108.hatenablog.jp

 

そして今週は内々のちょっとした事でサバゲーに行ける事になった。

 

甥っ子も一緒なのでつくサバにしようそうしよう。

 

月イチサバゲーマーとしては2週連続で行けるなんて夢のようだ。

 

「盆と正月が一緒にきたよう」とはこの事か。

 

 

嬉しすぎて怪我だけはしないようにしようw

 

 

 

シチュエーションヒット

 

この日は35vs35くらいの人数で丁度良い感じであった。

 

そんな中5mくらいの偶発的遭遇が3回あったが3回とも被弾の感覚が無かった。

 

思わず「当たってましたか?」と相手に聞いてしまうくらい無感覚。

 

相手は「はい」と言うので当たっていただろうし、当たっていなくてもシチュエーションヒットとして退場したが、自分でもビックリするくらい当たった感覚が無かった。

 

勿論どこも痛くない。

こんな事があるのでは無自覚ゾンビとか普通にやっていそうな気がする。

 

自分が恐ろしくなった。

 

 

 

まるで吸い寄せられる虫のように

 

今回開幕ダッシュしながら前線構築を意識してみた。

 

味方チームを見て横に展開するようにしていたのだが、自身の悪い病気に気付いてしまった。

 

目の前にバリケードがあると進みたくなるのだ。

 

光に吸い寄せられる虫のように。

 

前線を押し上げるなら良いのだが無謀に突出するのでは無駄死にとなる。

 

 

判っている。

 

 

判っているのだが。

 

 

「あぁあそこが空いている。あのバリケまで上がって撃ち合うなり裏を取るなりしたい」

 

という思いがとても強いことを認識した。

 

 

自分が恐ろしくなった(別の意味で)

 

 

 

■今日のメモ

  • 味方の動きや位置を見られるようになってきた。
    少しずつ成長しているようだ。

  • リアカンで臨んだ。
    フルオート戦でもセミオートにして臨んだおかげか無駄にばら撒く事は減ったような気がする。

  • 匍匐をしたらグローブが草まみれになるわ銃口が蔓にひっかかるわ膝肘前腕がヒリヒリ痛いわで、装備的にも匍匐は私にはまだ早いのかもしれない。

  • チーム替え直後にフレンドリファイアイアをやらかした。
    いやほんとすまんかった。
    ちなみに、つくサバのFFは撃った側が撃たれた側に謝罪する事で撃たれた側のヒットが無効になるというルールとなっていた。

  • AKストームもハンドガンもゼロインをきっちりやった成果が出た。
    「時間がないから適当に。あとはカンで」
    というのが如何にダメな思考か良く判った。

  • キャリポスに被弾してヴィンテーションダイヤルの蓋が凹んだ。

  • 今日はモアブ2でもそんなに疲れなかった。
    前回の疲れはワークマンのめっちゃ締め付ける靴下のせいだと判明。

  • まだまだ暑い。
    走ると汗だくだ。
    着替え用のカミースをもう一着持って行った方が良いのかもしれない。

 

 

 

 

フィールドマスターとふざけてて撮られた写真w

 

 

サバゲー #18 RAID2 1戦目

気になっていたフィールドのキャンペーン

 

我が家から(高速に乗らずに)車で1時間以内に行けるフィールドが3件ある。

 

ホームフィールドの「つくばサバゲーランド

 

夏に初参戦した「EDGE

 

そして「RAID2」である。

 

(もう1つ産廃バリケのフィールドがあるが、こちらは簡易タイプのトイレである為参戦予定無し)

 

この3フィールドは制覇したいと常々思っていたが中々機会が無かった。

 

今回「RAID2」で「お試しキャンペーン」としてゲーム代+昼食代で1,000円という激安イベントが開催されると言う。

 

当日は午前中に所要があるが、終わった後からの参加でも充分楽しめそうだ。

 

と言う訳で近隣最後のフィールド「RAID2」にソロで初参戦した。

 

 

 

フィールド所感

 

農道のような狭い道ではなく、ちゃんとした道路に面している為にアクセスはとても良い。

 

 

フィールドの広さとしてはEDGEよりもこじんまりとしていて、それを更に2面に分けられるようになっている。
少人数、MAXでも60人くらいの規模と感じた。

 

特筆すべきはバリケードの多さ。

 

観戦台から撮影

 

あちこちにバリケードがあり裏が取りやすいように思えた。

(逆に言うと裏を取られやすいという事をこの後痛感する)

 

またバリケが多くてもちゃんと射線が通っており油断できない。

 

撃ち合うと言うよりは、動いてヒットを取る事に向いているようだ。

 

このフィールドを片面ずつ使ったり両面使用したりしてゲームを進めていく。

 

この日はフラッグ戦の他にメディック戦、攻防戦、ハンドガン戦等が行われた。

 

メディック戦はオペレーションフリーダムさんでも体験した「誰でもメディック」でこれがとても楽しめた。

 

 

 

施設面等では、野外トイレが簡易型で一瞬ガッカリしたのだが受付がある建物内にちゃんとウオシュレット付のトイレがあり安心した。

 

観戦台はシューティングレンジも兼ねており(フィールド内に的がある)、ゲーム中はゼロイン調整ができないので注意が必要。

 

こちらの定例会では昼食がゲーム代に含まれており、Twitter等で話題になる「カレー食べ放題」となる。

 

トッピングも乗せ放題で、この日は唐揚げ、ゆで卵、フライドポテトがあった。

 

 

 

味は田舎のお母さんが作ったカレーという感じで大変美味。

 

 

セーフティは木の下の席を確保したせいか虫が多かった。

蚊取り線香を貸して貰えたが夏は厳しそうだ。

 

 

コンパニオン犬が2頭おり、どちらも役割をある程度心得ているようだった。
「ある程度」というのは、しばらく犬を見ていると犬が「しょうがない…」という感じでのそのそ近づいてきて撫でさせる、という事である。

 

 

スタッフが一人しかおらず(受付等はカレーシェフのお母さんがやられているが)とても大変そうだったが参加者が皆協力的で上手く回っていた。

 

EDGEとの大きな違いはこの参加者層で、UABばりの人が皆無だった。

 

これは私のようなおじさんには気持ち的に大変助かった。

 

ここら辺が住み分けになっていそうだ。

 

総括として「定例会を少人数で楽しみたい時はRAID2」という事でぜひまた来たいフィールドである。

 

近隣フィールドで選択肢が増えたのはとてもありがたい。

 

 

 

 

■今日のメモ

  • 背の低いバリケードが多い為、屈んでの移動ばかりで久しぶりに筋肉痛になった。

  • またもや棒立ち索敵をしておりヘッドショットをくらう。
    いや何度目だ自分…

  • スリングの長さ調整をミスり、ハイダーを何回か地面に挿してしまった…
    幸いバレルに土は入らなかったが要注意。

  • シューティングレンジで確認したがCURVEでは30m先は当たらない。

  • ガンバッグの「モノリス」は優秀だがもう少し横幅が欲しい。
    後バッグの形状から銃の収納場所を下にして置いてしまいがちだが銃への負担が大きく細かな所が歪んでしまうので決してしない事。

  • グレネードのピンを無くしてしまった…

  • アイセーフティの曇り止めを忘れてしまい難儀した。

  • モアブ2だがホールド感が高い=締め付けが強いという事で何気に足首から先がとても疲れていた。
    ワイドワイズがあればそっちの方が良かったか。

 

 

 

 

10mチャレンジ #1 東京マルイ エアコキハンドガン M92F

銃の癖を掴む為に

 

先日購入した東京マルイエアコッキングハンドガン「M92F」での10mチャレンジ動画である。

 

 

 

 

■今日のメモ

  • 10mと言えどホップが利いているので若干下目を狙う。

  • 銃が軽い為か(CURVEより軽い)握りこんだ時に右にズレやすい。
    要注意。

  • プロキャッチターゲット優秀。

 

 

装備について考える #18 ハンドガン 4丁目(東京マルイ M92F ミリタリーモデル(エアコキ))

嗜みとしてエアコキの1丁くらいは持っていたい

 

 

先日の駄文を書いてから、エアコキハンドガンが気になってしようが無い。

 

syamon108.hatenablog.jp

 

 

そんなに高価なモノでも無いし、サバゲーマーの嗜みとして1丁くらい持っていても邪魔にならないだろう。

 

 

というわけで「あきばおー」の通販で購入した。

 

M92F

 

東京マルイのエアコキハンドガンは種類がいくつかあるが、フォルムが好きなM92Fにしてみた。

 

 

箱出し

 

ガスブロに慣れている手にはマガジンの軽さやセーフティの独特さ(ハンマーを起こさないとセーフティロックができない)に驚いた。

あと弾が0.25g専用という事も。

 

「HOPが0.25gで最適化されている」

 

との事だ。

 

BBローダーが使えないことも忘れていた。

 

新しい銃は色々と戸惑うことがあるな。

 

 

弾を装填後に裏庭で10mチャレンジをしてみた。

 

…こんなものか?

 

10発撃って5発が命中。

 

思った以上にHOPが強いが、これは「ならし撃ち」をしていくしかないようだ。

 

 

ただアイアンサイトはCURVEに比べて格段にエイムしやすい。

 

CURVEのアイアンサイトは左右の正確なエイムが本当に難しいのだ。

 

 

癖さえ掴めれば、冬場でも真っすぐ飛ぶエアコキハンドガンは優秀なお座敷用として使えるだろう。

 

 

また、いつ参戦できるか判らないがこれでエアコキハンドガンのイベントにも参加ができるようになった。

 

 

やはりエアコキハンドガンは1丁持っておきたい銃であるな。

 

サバゲー #17 つくばサバゲーランド 11戦目

サバゲー日和

 

10月の3連休。

 

幸い雨も降らず月イチのサバゲーに参加できた。

 

世間ではやれキャンプだBBQだとホームセンターの一角を賑わせている通り、アウトドア趣味を行うには良い季節であろう。

 

 

御多忙にもれずサバゲーの参加者も大変多かった。

 

 

つくサバの駐車場は満車。

 

セーフティーエリアも満席。

 

お昼の段階で参加者は180余名となっていた。

 

初心者講習参加者も15名程おり、サバゲー始める人が居ることは我が事のように嬉しく感じる。

 

これも季節故か。

 

 

そんな「ワチャワチャ」した定例会への参戦である。

 

 

 

 

いつもと変えられなかったスタイル

 

前回メモに記した「冷静に楽しむ」ができたかというと、できなかった。

 

いつも通り、ダッシュして撃たれる、左右の確認が疎かで撃たれる、ボーっと索敵していて撃たれる事幾度。

 

 

観戦台から上手い人の動きを見ていると驚くような工夫をしていた。

 

派手な発射音で撃ち合いをしたかと思うと、おもむろにサプレッサーを付け位置を変え相手を翻弄する。

 

 

UAB勢と思われるチームが「アレはナイわー」というようなクイックピークと大声で自分と相手の位置を連携している。

 

 

あういう手合いに対して勝ちを拾いに行かなくてはならないのか。

 

 

UAB勢と同じ動きはできないので、対策を考えよう。

 

 

月イチなのでトライアンドエラーに時間が掛るが納得できるような動きを次こそは。

 

 

と思っていたら、大門団長のTwitter

 

サバゲー中は心拍数が上がっていて、多少なりともテンパっていたりするので知識が頭に入っているだけでは自然に技術を繰り出すことはできません

なので、反射的に有利な姿勢に移行したり、息が上がっていても、地面が傾斜していても初弾で当てられるようにする練習をしました

体に覚え込ませるのです

https://twitter.com/daimondanchou/status/1579423498891841536?cxt=HHwWgMDSlbvTnusrAAAA

 

とあったので、「私だけじゃなく皆多かれ少なかれそういう事がある」と判ってちょっと安心した。

 

 

 

 

リアカン初挑戦

 

読者になっているDT-10mmAUTOさんとコメントで

リボルバー(の弾数制限や飛距離等)故に腕が磨かれる」

と教えられてから自分でできる縛りを考え、今回はリアルカウントで挑んだ。

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

 

結果、マガジンチェンジが増えただけだった…

 

 

私には「1ゲームリアカンワンマグ」という縛りにしないと全く意味が無さそうだ。

 

 

前述の通りフィールドに出ると「あぁしようこうしよう」が抜け落ちてしまうので、それくらい物理的な縛りを入れないと駄目かもしれない。

 

サバゲーに部活的なモノは求めていない」と以前書いたのだが、生き残りかつ勝ち抜く為には自らに制限を課す時期に来ているのだろう。

 

そのうちタクトレとかに参加してしまうのだろうか…
(一見してサバゲーに活かせるとも思えないのだが)

 

 

 

 

CURVEで初ヒット

 

課題の多い日であったが会心の一撃もあった。

 

お座敷用ネタ銃である「CURVE」で初ヒットを取ることができた。

 

ハンドガンカウンター戦だったのだが、人が多い事が幸いしひょっこり出てきた相手チームを偶然側面から狙い打つ事ができた。

 

距離は30mくらいで10mチャレンジ練習の成果は発揮できずに何発も撃ち込むことになったのだが、周りから「それで良く頑張るなー」と言われた会心の一撃であった。

 

これからの季節はガスガンにとって厳しい時期となるが、CURVEでヒットを取る事が癖になりそうだ。

 

 

 

 

歯ぁ食いしばれ!

 

この日はやたら顔への被弾が多かった。

 

そのうちの1発が下唇に当たり出血した。

 

被弾個所と歯との接触部分の2か所に血豆ができるくらいの衝撃だったが幸い歯に影響は無かった。

 

甥っ子に「最近口が開いている」と指摘も受けたのだが、どうやらソコに弾が飛び込んだようだ。

 

次からはしっかりマウスピースを食いしばるようにしよう。

 

 

民兵度が下がるのでフェイスガードという選択肢は無い。

 

 

 

 

■今日のメモ

  • 自身の「とにかく相手を撃ち取りたい」という思いが殊の外深い事が良く分かった。
    そりゃ早々に死ぬわ。

  • 時間が無くゼロインが30mしかできなかった。
    そのせいか打ち合いで勝つことができなかった。
    反省。

  • 大人数ゲームの際は前線と言うかバリケードが渋滞する。
    それようの対策も必要。
    その場で良い考えが浮かぶタイプでは無いので前もって何パターンか考えておこう。

  • 甥っ子と開幕ダッシュをしまくったが、前線構築後はそれぞれ好きなように展開してしまい今回も連携とはいかなかった。
    次回こそは、と思うものの不安でしかないので連絡が取りあえるように無線機の導入を検討すべきか。

  • ソーコムMK23のマガジンがガス漏れを起こしたので通販で1本注文していた。
    が、つくサバのフリーマーケットで中古のマガジンが出ていた。
    「余分なマガジンは不要」と購入しなかったが、今思えば買っておいても問題なかったな。

  • 次世代AKマガジンだが1つだけリアカン設定がきかない個体があった。
    BBローダーの給弾圧に負けてしまい、どんどん給弾されるのだ。
    買い替え検討。

  • 黒弾がマガジンに詰まった。
    在庫は全弾破棄した。
    大して真っすぐ飛ばないしもう黒弾は買わない。

 

 

ブレているがCURVEを構えている